お墓・霊園

お墓のデザインに決まりはあるのでしょうか?

明るく清潔で誰もが気持ちよく、そして「何回でもお参りしたくなる」環境づくりがされていることが、墓苑選びの大切なポイントです。

■アドバイザー:大空石材有限会社 専務取締役 高橋 浩一さん

※1

※2

※3

※4

 お墓のデザインに決まりはありません。お墓というと、和型と呼ばれる背の高い縦型のものがすぐに思い浮かびますが、現在では、核家族化や少子化が進み、時代のニーズにあわせた新しいスタイルのお墓が増えてきました。
それぞれの生き方も多種多様になり、個性豊かな時代ですから、お墓も自分や故人の想いを取り入れたものにしたいと思われるのは時代の流れです。
私たちが管理している霊苑にも、個性豊かなお墓が増えています。
少し紹介しましょう。

※1 お墓の前にはベンチも一緒に造られました。ベンチの背中には、自作の詩が英訳され彫られており、お墓の裏側に彫られた日本語の詩と対になっています。お参りに来た際には、ここでみんなとゆっくり時間を過ごされます。

※2 大好きな桜の花が彫られていて、とてもやわらかなイメージです。

※3 建築家の方が、全て自分でデザインされました。六方石という珍しい石材を使っています。家紋もご自身でデザインされたものです。

※4 故人が好きだった(もしくは自分が好きな)文字をあしらうものも増えています。

 お墓は後世までずっと残るものですから、建てられる方のそれぞれの思いを形にすることはとても良いことです。故人を偲ぶ気持ちが素直に形となり、そのことでお参りする(お参りに来ていただく)回数が増えれば、亡くなった方との絆もさらに深まっていくことでしょう。とてもいい供養になりますね。

オリジナルデザイン墓石に興味がある方は、霊苑や石材店へ気軽に相談されてはどうでしょうか。